SPF値での日焼け止めの選び方

SPF値での日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方のポイントの1つとして多くの人が重要視しているのが、SPF値ではないでしょうか。
しかしSPFの意味をきちんと理解しないまま使用しているということはないでしょうか。
そこで今回はSPFとは何かということと、きちんとした選び方を紹介したいと思います。

 

まずSPFというのは、大雑把に言えば紫外線のB波の遮断できるレベルとなります。
そして値が大きいほど、紫外線を浴びてからサンバーンしてしまうまでの時間を長くすることができるというわけです。
こういった観点から、ご自身が日に当たる時間が長いほど、大きな値のほうが良いということですね。

 

それでは、もう少し具体的な日焼け止めの選び方を紹介すると、日常生活レベルですと20付近がオススメです。
そして仕事柄、外回りが多いような人ですと30くらいで、さらに山登りをするなど長時間にわたって外にいる場合ですと、50は必要になるかもしれません。

 

また日焼け止めの選び方のポイントにはPA値もあります。
実際に商品にはSPF値とPA値が記載されているでしょう。
両者を考慮し、さらに自分のお肌にあった物を選択すると良いでしょう。