成分に気をつけよう!絶対間違いない日焼け止めの選び方

成分に気をつけよう!絶対間違いない日焼け止めの選び方

これから暖かくなってくれば当然女性のみなさんは紫外線が気になり始めますよね。
紫外線がお肌の大敵いうのはもはや常識と言っても過言ではないでしょう。

 

なんと紫外線はお肌の老化の外的要因の80?90%を占めると言われているそうです。

 

日焼け止めの選び方を間違えずにこの春夏を過ごしていきたいですね。

 

日焼け止めは当然お肌にいいものではありませんが、塗らずに出歩くよりも遥かにお肌にはいいようです。
成分についてもある程度は把握して、選び方も気をつけていきましょう。

 

日焼け止めは二種類の成分に分けられるようです。
一つは紫外線吸収剤。
もう一つが紫外線散乱剤です。

 

名前の通り、前者は紫外線を吸収する化学物質で吸収された紫外線は肌の上で化学変化を起こし、肌への影響を抑えるように出来ているそうです。

 

後者は粘土質の細かい粉や金属の粉体が用いて肌の上で紫外線を反射させるように作られています。

 

紫外線吸収剤は、成分上肌への刺激が強く、接触皮膚障害を起こす可能性が高いそうです。
なので、お肌のことを考えるのであれば、散乱剤を手に取るのが賢い選び方のようですね。