日焼け止めで上手く肌を紫外線から守る

日焼け止めで上手く肌を紫外線から守る

夏、お肌の天敵と言えば紫外線。
紫外線は多く浴びるほど肌に悪影響を及ぼします。
シミ、そばかすや肌自体の老化、皮膚の病気など、紫外線の被害は深刻なのです。
それを防ぐために必要なのが日焼け止めです。

 

最近では日焼け止めも色々な種類があります。
スタンダードなクリームやジェルタイプ、気軽に使えるシートタイプ、女性に嬉しいお化粧の上から使えるパウダータイプ、髪や頭皮にも使えるスプレータイプもあります。

 

種類に関しては、自分が使いやすいな、と思ったものを選ぶといいでしょう。
日焼け止めを選ぶ際にSPF、PAという表記を見たことがあると思います。
SPFとは、紫外線から肌を守ってくれる時間のことで、数値が多きいほど長時間効果があると言うことです。
しかし数値が大きいものほど肌への負担も大きいので注意です。

 

PAは日焼けそのものを防止する効果を示しています。
プラス表記が多いほど強力なものになりますが、日常生活の中ではそこまで強力なものでなくてもいいようです。

 

日焼け止めを使う際は生活スタイルに合った種類のものを選びたいですね。