日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めの効果的な使い方

どんなに紫外線に気をつけていても、いつの間にかシミが出来ていたりすることがあります。
絶対に日焼けしたくないと思っても、油断していると紫外線の影響をしっかり受けてしまいます。
つまり、100%紫外線を防ぐことはやはりむずかしいと言えます。

 

しかしながら、紫外線を少しでも避ける効果的な日焼け止めの塗り方はあります。
それは、まず顔に塗ったときには、うすく伸ばしすぎなように注意することが最初です。
あまり薄く引き伸ばしてしまうと、効果が半減します。

 

そして、顔にむらなく塗った後に、再度重ねて塗るようにします。
また、日焼け止めを塗っていても、汗などで、自然と取れてしまいますので、2時間ごとを目安に塗りなおしましょう。
さらに、日焼け止めは、朝起きた時に塗るのが効果があります。
と言うのは、いくら朝早くに屋根の下にいるとは言え、窓辺から太陽が入ってきますよね。
実はそんな程度でも皮膚に影響を受けますので、気をつけるようにしましょう。