日焼け止めのSPFの意味

日焼け止めのSPFの意味

日焼け止めを買う際に見る表示でSPFがありますが、SPFとは、Sun Protection Factorを略したものです。
日本語の意味は、紫外線防護指数となっています。
紫外線防護指数とは、どんなことを示しているのかと言うと、これは紫外線(UVB)を浴びた時から赤い斑点が皮膚に現れるまでの時間がどのくらい長く保てるかを表示しているものです。

 

例えば、日焼け止めのSPF30と表示されていれば、その数値は赤い斑点ができるまで30倍かかるということです。
SPF1に対して20分の効果が期待できるとされていますので、もしSPF30を使った場合は、20×30で600分、つまり10時間くらいの日焼け止めの効果が与えられるということになります。
現在日本では、SPF50が日焼け止めの最高値となっていますが、海外ではSPF100という商品も出まわっています。
数値が高くなるほど、持続時間も長くなるということになりますが、実際には、数値が30以上なら、それほど効果が変わらないという評価もあるようです。