日焼け止めを塗りなおす

日焼け止めを塗りなおす

日焼け止めを一度塗れば、ある程度の時間は肌を守ってくれると思っている人が多いかもしれません。
しかしながら、日焼け止めは汗をかいたり、顔を何気なく触っていると、それだけで取れてきます。
取れた部分は、すでに日焼け防止の効果がなくなってしまい、そのまま外に出れば、もちろん紫外線の影響をモロに受けてしまうでしょう。
ですから、日焼け止めは塗りなおしてこそ、そのまま効果を持続させるのです。

 

塗りなおしの頻度はだいたい2,3時間おきくらいで行い、特に汗を余計にかく夏は、常に意識して、時間がきたら、すぐに塗りなおすようにしましょう。
メイクの上からの塗りなおしは、コットンに乳液をつけて、メイクした顔をふき取ると、そのまま日焼け止めも一緒に落ちます。
その上から、日焼け止めを塗ります。
最近では、精製水が含まれたコットンやメイク直しも販売されていますので、そういったものを利用すると、もっと手早く行うことが出来ると思います。